矯正

インプラントのメリット・デメリット

インプラント手術のメリットとデメリットをご紹介しています。
審美性に富んでいて、違和感がないのはうれしいメリットですよね。
ぜひ歯科医に相談してみてください。


インプラントのメリット、デメリットをご紹介していきます。

初めにメリットをご紹介していきます。http://www.mercyphysiciangroup.com/advantage.html

一番大きなメリットはブリッジと違い歯を削らなくていいということです。
歯を削ってしまうと、歯自体の寿命が短くなってしまうのです。
他にも、見た目がきれいになる、咀嚼能力がアップする、違和感がないということです。
歯がなくなってしまうと固形の食材を食べることができなくなってしまいますので、早めに治療することをおすすめします。
インプラントにしたら、自分の本来の歯ではないので以前よりもお手入れをしっかりする必要があります。
そこでhttp://xn--zckzcsa6cn1951goq6b.biz/歯槽膿漏歯周病対策.htmlで紹介されているような歯槽膿漏歯周病対策ができる歯磨き粉を使用することが望ましいでしょう。



次にデメリットをご紹介していきます。http://www.dayioglu.net/04.html

一番のデメリットは、自由診療の為、費用が1本15万円から50万円と高額になることです。
インプラント手術をするための骨がないと、手術できませんので、人工的に骨を造る場合は、50万円から数百万円の費用が掛かる場合があります。
一年間に10万円以上の医療費がかかった場合、一定の比率で医療控除が適用されますので、領収書は捨てないでくださいね。
通院にかかったバス、や電車、タクシーなどの費用も控除の対象になります。


他にも、一年に3回から4回のメンテナンスも必要になりますし、施術する際に局部麻酔をかけて行いますのでリスクもあります。
施術自体は、1時間から2時間で終了します。


インプラントの成功率は、10年後で上の歯が約80%、下の歯は約90%の確率と、極めて高いです。
が、失敗例も存在します。
失敗の原因として、医師と患者さんのカウンセリング不足、患者さんのメンテナンス不足、かみ合わせが合わない、医師の診断が間違っていた、
手術の際、手技が不足していた、喫煙している、顎の骨量が少なかった。
などがあげられます。


インプラントを受けた後、5年以内はお直しを無料で受けられるなどのサービスを行っなっている病院もありますので、ぜひ確認してみてくださいね。
インプラントの治療期間は3か月から1年と長期にわたりますので、メンテナンスをきっちりして、失敗を防ぎましょう。
などメリット、デメリットは存在します。